SLEEPER

…talk in my sleep

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
end
今日でここを閉じます。
こんな僻地を見ていてくれた人にありがとう。

言いたいことを伝えられないままでした。ごめんなさい。

みんなの幸せを願います。
| murmur | 13:28 | comments(11) | - |
どん底まで落ちた気持ちを救い上げてくれるのは元彼だけでした。自分でも理解しがたいこの気持ちを他人に言葉で伝えるなんて至難だったけれど、「半分は俺のせいだし、治るまではそばにいるよ」と言って、傍に居てそれはもう楽しい時間を提供してくれています。やっぱり落ち着く。痛みは相変わらず不定期にやってくるけれど、それでも夜眠れるようになったし、いろいろ考えては落ちるようなことも今は無い。同じ言葉を他の人から受け取ってもどうにもならなかったのにな。相変わらずルーズな部分はたくさんあるけれど、この人と居ると自分が恋愛において欲しいと思うものが得られるのだ。周りから見たらどうしようもない人かもしれないけれど、私には必要なんだと実感した。もっと早く気付くべきだったな。
| murmur | 12:36 | comments(0) | - |
regret
1ヶ月が程よく過ぎても、相変わらずフとした瞬間訪れる後悔の念に負けっ放しです。重苦しかった彼とも距離を置き、少しばかり静かになった。相変わらず元彼は週に何度かは遊びに来て、食事を作ってくれたり、傍に居て安らぎを与えてくれる。つい先日は「これで気晴らししておいで」と遊べない時間に買い物にでも繰り出せるようにお小遣いくれた(お断りしたけど)。変わりにWiiのソフトでバイオハザードなんちゃらを買ってきてくれて、遊んでます。「早く体を元に戻そうな」「泣いたらダメだよ」と彼なりに励ましの言葉を送ってくれます。

抱きしめる腕も、撫でる手も、すぐ手の届く場所にあってもどこか遠い。その手を今でも欲しているのに、決断できなかった自分への後悔ばかり。現実は厳しい。今は失ってしまったものがあるから再び望むものであって、きっとどこか間違ってるのかもしれない。それでも再び同じ状況になったらその手を離したくないと思ってしまうあたり、やっぱり自分が馬鹿げで仕方ない。
| murmur | 12:39 | comments(0) | - |
pass by
あれから1週間ほど経過。彼から来る心配メールは相変わらず、程よく距離を取りたい。今はただの心配メールさえも重く感じる。メールに返事がないと、更に心配してメールをよこす。薬が効いてるときしか眠れないのに、それさえ邪魔されると本当に嫌気が差す。

-------------

元彼はちょいちょい様子を見にきては食事を作り、傍に居て安らぎを与えてくれる。今はこの人の傍でしか安心できない。体の事情が変わってきてるから余計に。優しさは責任の表われ。だけど、やっぱりこの人が良いと思ってしまう。そうしては後悔ばかりが日々募っていく。悪循環なのか?
| murmur | 12:33 | comments(0) | - |
how to use
久しぶりに実家に帰り母親に今の彼について話す。
「一緒に居ても今は楽しめてない。むしろ早く帰りたいとか思っちゃう。でもどこに行くにもお金の心配は要らない。割り勘のお代を受け取ってくれないし。自分のためにお金を使うのではなく、人のためにお金を使う主義なんだって。」と伝えたら、「じゃあ、使いようによってはお得じゃない。」と返ってきた。アハハ。確かにそうだ。でもそれすらも面倒だ。どこへ行ってもお土産を買ってきてくれる彼ですが、趣味がかみ合っていないので無駄なもの(・・・失礼)ばかり増えていくので結構困ってます。親に言わせると申し分ないそうです。背は高いし、次男だし、実家は土地持ってるし、別荘持ってるし、大学卒だし、真面目だし、優しいし。だけど私的には数字的に問題がなくても、気持ち的には問題ありなんです。結婚を意識するなら打算的な方がいいのよと言われても、気持ちがないんじゃ無理ですよ。実家に帰ると面倒な話ばかり。放っておいて欲しいのに、妙齢の娘が独身というのは親にしてみたら悩みの種みたいです。もうしばらく行かない。
| murmur | 12:35 | comments(0) | - |
troublesome
事情を把握しているとは言え、毎日毎日必要にくる「大丈夫?」というメールに返事をするのがもう面倒臭い。とは言え心配してくれる気持ちは有り難い。告白してきた彼なんですけど、回答を保留したままにしています。今の状況で誰かと付き合うなんて正直面倒なんです。救われる部分もたくさんあるけど、どうしても向き合う気持ちになれません。むしろ面倒さの方が断然勝っています。今は誰からも放っておいて欲しい。だから毎日仕事始めと仕事終わりに来るメールはもう止めて欲しい。大丈夫じゃないから特に。いちいち報告してどうなる?助けて欲しいなんて思ってないし、むしろ体調不良だからそっとしておいて欲しい。駄目押しにきたのが、自宅で飲んでいた彼が夜中0時に近くに電話をしてきて、泣きながら愚痴をこぼしたこと。それは私への愚痴と仕事への愚痴だったけれど、体調悪くて寝てたところを叩き起こされ、丁重に体調悪いことを伝え、「分かってる」と「ごめんね」と繰り返すのに話は止まらず1時間近く延々と泣きながらの愚痴を聞かされたことに正直ウンザリして、気持ちが完全にシャットダウンした。今は何も受け入れたくないんだよ。
| murmur | 12:36 | comments(0) | - |
昨日元彼と一緒に水子で有名な水沢観音にお参りに行ってきた。生きた証など何も残してあげられなかった子がせめて無事に召されますように。勝手な自己満足だけど、祈らずにはいられなかった。二人揃って水子地蔵の前で手を合わせ涙した。
『ごめんね。』
| - | 12:15 | comments(0) | - |
after
術後の経過が悪く、先週末救急で病院に運ばれ、診察結果は炎症と子宮内の水溜まり。即入院して要安静と言われたものの話しの結果食事が取れるならと薬で自宅養生にしてもらった。
病院に運ばれた時、会社でよくして貰っている上司が傍に居て付き添いしてくれ、彼にも連絡をして館林から伊勢崎まで駆け付けてくれてずっと傍で手を握っていてくれた。遅れて元彼も駆け付け、その後の状況なども含め話し合いや、安静中の世話をするために傍にいる。彼には今の自分の状況を全て話し、それでも受け入れて傍にいたいと言ってもらえたことはきっと凄く幸せなことなんだと思うけれど、元彼と過ごす時間を未だに手放したくないとどこかで思ってる。
疲れたよ。
| murmur | 14:32 | comments(0) | - |
end
無事に手術を終えてきました。発覚からずっと傍に居て、食事を作ってくれたり、つわりが酷い中何かと支えてくれた彼でした。おかげで思い詰めることもなく、気持ちは落ち着いていられた。

術後、産めなかったことへの後悔ばかりで何も手につかない。彼と過ごす楽しい時間は本当に幸せだった。返してくれるものは求めるものだった。ただそれはごく一部にすぎない。それがこの先ずっと続き、家族という形になったらどれだけ良かっただろうと。現実はそんな夢だけではどうにもならないぐらい厳しくて、自分に未来を賭ける勇気も無かった。今までの彼の言動から彼に自分と子供の一生を賭けることがどうしてもできなかった。どちらを選択しても後悔することはわかってた。だけどその後悔に何の関係も無い子供を巻き込むことができなかった。

もう何も考えたくない。
気持ちが疲れた。
夏休みで良かった。
誰にも会いたくない。
| murmur | 21:30 | comments(0) | - |
lostworld
このまま消えてなくなりたい。
どれほど楽になるだろう。
今の選択も、これからの選択も、水に流れていけばいい。

彼に対する思いも、別の彼に対する思いも消えてなくなればいい。
何もいらないから、一人このまま消えてしまいたい。
| murmur | 16:24 | comments(0) | - |
 1/29 >>